倉庫の選び方

  • 大小様々な物件がありますよ。貸倉庫をお探しなら、こちらへ。様々な用途で使えるので、とても便利です。ぜひご覧くださいね。
  • 大量の荷物を保管する場所が欲しいならトランクルーム情報サイトを活用しましょう!あなたにぴったりな広さのトランクルームが発見できます!
  • 住宅街

    いざ「貸倉庫を使ってみよう」と思っても、初めてだとどういう風に利用したらいいのか分からない人もたくさんいると思います。そこで実際に貸倉庫に自分の荷物を入れる際の注意点をいくつかお話しします。まずは荷物を運ぶ前に、借りる事になった倉庫の空の状態を必ず現地で確認して下さい。貸倉庫の大きさは規模や料金によってまちまちですが、個人としてご利用される場合の貸倉庫はプレハブの物置タイプの倉庫が多いと思います。天井に雨漏りするような亀裂が入っていないか、床は凹んだり傾いたりしていないか確認して下さい。また、きれいな靴で床にほんの少し体重をかけて頑丈さを確認する事も大事です。背丈の高い貸倉庫の場合、荷物を高く積まなければならないので、床が弱いと重さで傾いたり抜けてしまう事も考えられます。めったにない事だとは思いますが、念の為に確認した方がいいでしょう。もし点検した上で気になる事があったら遠慮なく管理会社に連絡する事をお勧めします。

    貸倉庫の内部に問題が無いようでしたらいざ荷物の搬入ですが、その前にもう一つ準備をする事があります。それは貸倉庫が屋外タイプか屋内タイプかによって変わるのでそちらの確認もした方がいいでしょう。屋外に設置するタイプの貸倉庫の場合、雨水や土砂の入らない設計になってはいますが、それでも確実に湿気や細かい砂ぼこりは入ってきます。なので、衣類や本や汚れてしまうと困る大事な物などを搬入する場合は必ず収納袋やビニールで包んでから入れて下さい。屋内に設置されたタイプの貸倉庫の場合、屋外タイプと比べて気密性は高いですが、それゆえ逆に注意が必要です。匂いの発生しやすい物は他の利用者の迷惑になる事があるので搬入は避けましょう。屋内タイプに限った事ではありませんが、放置すると液体が出る可能性のある物を倉庫に入れるのは厳禁です。ついその使い易さから何でも放り込んでしまいがちな貸倉庫ですが、まとめて入れる際にこうしたちょっとした注意が必要になります。

  • エリアにこだわっている人は、レンタル倉庫サイトを参考にしましょう。こちらのサイトであれば、こだわり条件から物件を探すことができます。
  • 広いスペースが特長です!物流倉庫を利用検討中の、外資系のお客様にも必見!コスパのいい物件がこちらにありますよ。経費削減効果を期待!
  • 使わない物を置く

    ビル群

    店を経営していたり、多くの人が集まるような家に住んでいる場合、大人数が使えるような家具が置いてあることがあります。貸倉庫を使えばそんなたまにしか使わないものも保管できます。

    この記事の続きを読む

    作業効率を上げる

    高台から見た街並み

    オフィスの環境は多かれ少なかれ働く人に影響を与えるものです。このため、オフィスレイアウトはとても大事だといえます。業者にレイアウトを頼む時でも、社員の要望は反映させた方が作業効率が上げられます。

    この記事の続きを読む

    借りる時の注意点

    掌に乗せた住宅模型

    借りるときの注意点として、最初は安い賃料の場所を選ぶということが大事です。電話とファックスなどが備わっている事務所であればなお良いです。契約期間も重要なファクターとなります。

    この記事の続きを読む

    住所や電話を借りる

    鍵

    会社を設立して経営するためには最低限住所や電話番号が必要になってきます。この時に利用できるのがバーチャルオフィスです。法人登記の時にもこの住所を使うことができます。

    この記事の続きを読む

    会社と住む場所

    住宅

    社宅には今いろんな機能がついているところがあり、人気が殺到しています。クーラーがついていることはその嬉しい対応の一つです。会社から近いのも魅力の一つといえるでしょう。

    この記事の続きを読む